ゼロから作るディープラーニング買った

違う

われわれ一般人はディープラーニングゼロから作る仕事ありません

ライブラリ使うだけ

ディープラーニングのロジック作りどころか

学習自体もグーグルがやるっていうのが私の未来予想図

今ですら高額TPUでグーグルが学習させてるじゃん

うちのいにしえの鼻毛サーバをSSD換装したものでは歯が立たないじゃん

この本は昔あったos作ってみよう系の本の位置づけ

自作OS入門だっけ

買ったけどね

あれはosを作ることによって仕組みを理解しましょうよ

という本

まあ私は

モバイルのos作りたかったんだけどね

ほら当時ガラケー端末メーカーがそれぞれソフト開発してたじゃん

なのでlinuxベースのモバイルos作ろうと思って

でも作れてても

android

出たからね

無駄な労力使わなくてよかった

なのに

また買ってしまったこの本

ライブラリの一つでもいじって適当な結果のキャプチャとったほうがコスパいいのに

でもやっぱ原理が知りたくなっちゃう

あと数学的なことも気になっている

どうやったらもっと人工知能をいい構造に出来るのか

頑張って追求してる最先端の論文の趣旨を理解したい

今は高価なハードが学習に必要だけど構造が洗練されればそこまで必要なくなる気がしている

 

昔マッチ箱の脳っていう本が大好きで

読んでたんだけど

 

受託開発の会社でもっと難しいことやりたいんだ!COBOLじゃないんだっていってるイケイケな先輩に

じゃあ人工知能やればいいじゃないですか

って言ったり

 

でも人工知能がこんなによくなるとは

思ってなかった

それも人工ニューロンの階層を深くしただけ

でパソコンの性能がよくなっただけ

確かにそこがネックになってたんだから

そこが通れば

イケるよね

今ならわかるけど

人工知能は無理なんだなーって思ってた

行き詰まったらその駄目な理由のラベルをつけてしまっておきなさい

宮本茂先生も言っていた

いつかそのラベルがとれる日が来るかもしれないから

だって

なるほどねー

 

で私の癖でちょっと出遅れるともう遅い遅いっていってやめるくせ

いや何になるつもりだよと自分につっこみたい

何にもなれないじゃないか

敗北宣言したじゃないかと

そもそも横井軍平先生も水平思考が大事とおっしゃってたよ

過去のおもしろさを今の技術に当てはめる

それが技術ありきの垂直思考ではなく水平思考なんだと

 

つわけで今更で全然いいので本買った

簡単な表面をなぞるようなわかった気になる方法を選択すべき

どうせ我々にはディープラーニング関係ない

といいつつ

原理本を買った

絶対に役に立てようとなんかしない!

うっかり何か作ろうともしない!

読むだけ!