ポスキャ

サービス名はポスキャ

今5秒で考えた

本をまとめてポスト投函してスキャンして届けるサービス

 

突っ込んで考えてみる

著作権について本当にクリアなのか

調べてみたらそもそも自炊代行サービス自体が裁判に負けていた

で現行訴えた作者を除く形でサービスが続けられているので

そちらと同じ扱いになるはずである

 

今日古い本を2冊アマゾンマーケットプレイスで頼んだ

どちらも80円前後の価格

で送料含めて2冊700円程度になってしまう

私は古い本読むと手に発疹が出るので困っていたが

スキャンスナップを入手したので古本が読めるようになった革命

でこの届いてスキャンする手間をなくして(ノータッチにしたい!)

同条件で価格が80+80+100+100になるのがこのサービス

360円

半額になった

 

いくらで開業出来るのか

業務用裁断機と業務用スキャナが必要

これは調べた所

20万と10万が最安値のようだ

初期投資30万円

 

システムは私が作ればいい

売り手はアプリでバーコードスキャンするだけ

AWSから情報ひっぱって登録

書籍の写真、タイトルなどアマゾンから入手してwebサイト作成

 

発送が確定したらクリックポスト用PDFをメール送信

そこの備考にコードを入れておく

売り手はPDFのメールが来たら書いてある本を封筒に入れてプリントして貼り付けてポスト投函するだけ

こちらに届いたら裁断してスキャン

PDFを買い手にデータ送信して終了

データ送信はメール添付ってわけにはいかないし軽くレンサバ借りる月1000円

紙は一定期間保管後処分する→業者引取は無料である

 

事務所作業所が必要

月10万とする

とすると一ヶ月1000冊から儲けが出る

一日30冊スキャンの計算

 

とどう考えても実現は可能である!

 

ただし売る本の数と買い手が沢山つかないと

まとめ発送のメリットがいかせない

私ではユーザを集められないんだよねえ

すごく便利だと思うんだけどなぁ