姿勢を良くしていると視線が遠くなる

俯瞰という感じだ

その代わり足元になにかあったら転んだりひっかかったりしそうだし

物が落ちた時に拾う労力が倍くらいある気がする

年をとると背中が曲がるのは足元の危険を避ける意味もあるんじゃなかろうか

もちろん筋力低下はあるだろうけど(そもそも筋力が低下してなる姿勢は楽なのだ、少ないエネルギーで保てるんだから

遠くを見たり俯瞰して全体を見るような能力は必要なくなって自分を守るために背中が曲がると

まさに地に足がついている