こんまり先生の本実践

してわかったことがある

ときめきとは要するに

所有物には見てすぐ要らないのと必要なのとどうしようかなーの3つがある

①即要らない即捨てる

②必要・好き→ときめき

③どうしよう

でその③どうしようかなーをどうするかが肝なんだが

それをどうしようかなーと悩む時間とスペースと必要になる機会の少なさ

また見た時にどうしようか悩む労力

ふとした瞬間にあれどうしようと頭を占めること

それらが一番大きいので捨てたほうがよい

ということな気がする