いい記事!!

http://rucca-lusikka.com/blog/archives/4604

そう褒めるだけでいいんだよ!

日本人にはそれが全くない

現状肯定だよ

肯定されたい、、、

最近は否定されても謙虚に受け止めるようにしてるけど

全然楽しくない、、、

謙虚合わない

それイイネ!って言われたい

未来のこととか過去のことなんかどうでもいいから

現状を肯定されたい

 

> 「愛あるご意見」を言い合ったり、「こうしたらもっと良くなるんじゃない?的ひと言」

これさえ否定してるところがすごくいい!

yes,but型ね

これも意味ないよ

ダメなとこは本人がわかってるの

わかってないならいいんだよそれは

それに肯定されて承認の上に次はこうしてみようっていう気持ちが乗っかるんだよ

これいいね!って言われれば自分の中にもうちょっとこうしてみようっていう前向きな気持ちが湧き上がってくる

そうやって好循環していく

他人が口出すのは大きなお世話だよ

不遜だよ

人のものに口を出す人はね言ってみれば他人と自分の境界がわかっていない

他人の物をすぐ自分の物にしちゃうんだ

だから好きに意見したり改善点を口にしちゃうんだよ

だけど私がものを作った経験から言わせていただくと

作ったものは作った人のものなの

それを見たり使ったりする人はただのユーザであり消費者なんだよ

その辺の区別が日本人は曖昧なのかな

知っているだけでそれを発信した人の立場で意見する感じ

わかる?

その不愉快さ

なんだったらそれをぶつけるからね作成者に

でもまぁこれは日本人の特性だから

仕方ない

から謙虚のからをかぶろう

だけど本当はもっと褒める文化があるといいな日本